各セクションの課題を連携させよう
2017.07.26

考える女性言うまでもなく、企業は1つの部門だけで経営できるわけではありません。営業部があり、経理部があり、財務部があり、品質管理部があり…と、企業によって部門は異なりますが、複数の部門があって成り立っている部分は変わりありません。そして企業が大きく成長していくためには、この各部門、つまり各セクションが1つになっていかないといけません。そして各セクションが連携して課題をクリアしていかなければ、企業の成長はありません。ということで、この課題の連携をテーマに、会計システムも踏まえてお話をしていきます。理解することで、会計システムがオススメされる理由ということが見えてくることでしょう。
■課題を連携させることで解決できることもある
各部門が抱えている課題というものは、他部署との連携不足となっている場合が意外と多いです。言い方を換えれば、この連携をしっかりと取ることができれば、様々な問題を一気に解決できる糸口がここにあるということです。つまり、本テーマとなっている「各セクションとの課題を連携させよう」という部分に繋がっているわけです。課題解決の糸口を手繰り寄せる1つの方法として、会計システムがあり、この会計システムに費用を掛ければ本当に解決するのか?が気になるところに。日本の風習と言ってしまえばそれまでかもしれませんが…とにかく縦割りの社会ではなく、横にも繋がるような社会にしていくことがキーポイントになってきます。
■セクションの役割をハッキリさせることが成功への道
ここまでの説明で既に理解しているかと思いますが…兎にも角にも、各部門で確実に任務を遂行することが大切であり、それが成功への道に繋がっています。では、その任務を遂行するためにどうしたらよいのか?ですが…とにかくセクションというものを事細かく分類していくことが1つのキーポイントになってきます。そして、その細分化できたセクションを元に、何処の部門が担うべき内容なのか?をハッキリとさせることです。さらに、そのセクションの中で「他部門と密接な関係にある」ということが見えてきます。これをきっちりと連携をさせるわけです。
ちなみに、会計システムがオススメされる理由は…各セクションの連携が期待できるからと言われます。当然、単純に導入しただけでは上手くはいきません。こういったセクション分けや、課題の洗い出しをして連携をし、そこに会計システムを当てはめていくことで、上手なお金の流れが管理できるようになります。そして、それが企業への成長の礎になることでしょう。

▲ ページトップへ