日々発生する業務上の課題を解決!
2017.07.26

スマートな男性会社で働いていると、よく「課題を見つけて解決をして効率化しよう!」というニュアンスの指示を受けます。企業として、余計な経費を削減するためにも、在籍する社員にして欲しいことを伝えているわけです。働く側にとっては、言っていることは理解できますが、実際に行動に移すとなると、なかなかどうして…といったところでしょう。当然「お金の流れ」に関しても課題というものがあり、それを解決する1つの方法として「会計システムを導入する」という方法があります。では、実際に、日々発生する業務上の課題を解決することができるのか?について触れていきましょう。
■とにかくお金の流れが早く可視化しづらい
見出しに記載した通り、業務上の課題として直ぐ頭に思い浮かべることは「お金の流れがとにかく早い」ということ。総務や財務、経理などで働いている人は、身に沁みて実感をしているのではないでしょうか。例えば、月末、経費の対応をしようとしたとき、処理をしている最中に次から次へと、領収書などが手元に届くというものです。処理をしても処理をしても、全く片付いていかないわけです。これが、あくまでも経費だけのお話であれば、まだ対応することはできるかもしれませんが…。
税金だったり、給与だったり、交通費だったり、様々なお金の処理をしないといけないとなったら、もう手に負えない状況になってしまうわけです。結果、何処から来たお金で、何処へ出せばよいのか?と可視化することができなくなってしまうことに。だからこそ、会計システムを費用を投入して導入をしようと企業は動いていく結果になります。
■財務が会計システムを利用することで課題解決?
ということで、この課題…会計システムに費用を掛けて導入し、それで解決することができるのか?という点が最も気になるところかと。結論から言えば、解決できる部分もあれば、解決ができない部分もあると言えます。例えば、上記の課題であった「流れが早く可視化しづらい」という部分は、確実に解決することができます。その流れを管理することが、ある意味で、このシステムの機能だからです。
他にも「◯月△日の決算書を出して」と依頼されても直ぐに出せないというような課題もよく耳にします。この手の問題は、この会計システムを導入することで、相応の解決を見ることができます。ただし、だからと言って、会計システムが万能か?と問われると答えはノーです。そして足りないと感じる部分をオプションなどで対応したり、開発業者と一緒になってゴール地点を目指してみたりするわけです。

▲ ページトップへ