安く郵送検診を受けるための裏技・コツは

近年、若い人も年配の人も健康に対する意識が高まっていて、手軽に行える郵送検診という新しいサービスが注目を集めています。郵送検診を活用すると多くのメリットがあります。健康のために病院で健康診断を受けたくても、高齢者は場所が遠いとか足が悪いなどで病院に行くのが難しいということがよくあります。しかし、病気の予防や早期発見には、定期検診による早期発見が不可欠です。たとえ病気が初期の段階にあっても検査を受けられず発見が遅れて、悪化してから病院に行くのでは遅こともあります。しかし、郵送検診の制度を活用すれば、自宅で自己採血して郵送するだけで検査結果が分かるというメリットがあります。郵送検診ならば、検診場所が遠くても、定期的な検診を簡単にすることが出来ます。高齢化社会が進む現在、自治体で行う健康診断などで、郵送検診が活用される場面は広がることが予想されます。

郵送検診の専用キットではでは、誰でも簡単に採血することが出来ます

最近人気になっている郵送検診では、生活習慣病の検査やピロリ菌の検査、アレルギー検査にがんマーカー検査、そして感染症の検査などいろいろな検診を自宅で行うことが出来ます。検査は公的な機関の認定を受けた臨床検査センターと呼ばれる施設で、精度の高い分析方法で正確に行わるので安心です。郵送検診のキットの中には、採血セットが入っています。採血を行う前に、自己採血器具の使い方をよく読んで、採血器具を使って採血します。始めに指先を洗浄した後でよく乾燥させます。血液がすぐに取れるよう手の平や指先をよくマッサージしておきましょう。採血を行う指を選んで、消毒綿で拭きます。説明書をよく読んで採血する準備をしたら、指の採血する場所に強く採血器具を当て、レバーをゆっくり押し、指の腹部分に針先を押し付けます。採血セットは使い捨てです。使い終わったら必ず捨てるようにしましょう。

郵送検診でがん検診も簡単に出来ます

最近話題になっている郵送検診用の郵送検診キットはネット通販サイトで定価より安く買うことも出来てお得です。郵送検診では、驚くべきことにがんの検診も行うことが出来ます。自宅で手軽に検体を採取し返送するだけで、がん検診が簡単に受けられるシステムです。また、このキットは、温度で検体が劣化しない保存液を採用しているので、夏場でも問題なく行うことができます。がんの予防で重要なのは早期発見です。日本の死因はがんが30パーセント以上で、日本人の約3分の1ががんで亡くなっているのです。健康診断を受けていない人の中には、早期発見で治療ができたはずの病気で、その後の人生が変わってしまった人もいます。郵送による自宅健診では、検査精度を複数の施設で確認できた検査のみ行います。従来は、病院で行っていたのと同じ検診結果が得られる信頼のおける健診です。