郵送検診の基本的な流れとかかる時間の目安

普段の仕事が忙しくて病院になかなか行けない人に郵送検診という新しい検診方法があります。専用のキットを使って自宅で血液を採取しポストに投函するだけで、検査結果が送られてくるというものです。病院になかなか行こうとしない家族がいたり、病院で待たされたりするのがいやだったり、健康なのに他の病気を移されるのがいやなどいくつか理由があてはまる人に最適です。また企業に属していない自営業の人で定期的な健診を受けていない人にも手軽に行えるものです。簡単にがんリスクを発見でき、早期発見につながるもので、比較的安価で行えます。胃がんリスクのチェックや女性向け男性向けと分かれているので自分に合うものを使ってみることをおすすめします。インターネットから簡単に注文できるので検索してみましょう。

気になる費用や採取の方法は難しくないのか

血液検査と言われると、採血を思い浮かべ自分で本当にやれるのか不安になる人がいるかと思います。しかし、キットの中の説明書の通りに行うと比較的簡単にできます。専用の針の出る道具で刺し、小豆サイズの血液だけで検査が行えるので、病院での採血を考えると拍子抜けしてしまうくらいの量ですみます。説明の紙だけでは心配だという人は郵送検診を頼むサイトで動画を見ることが出来るので、一度観てやれそうなことを確認してから頼むのもいいかもしれません。気になる費用についてですが、1つの検体に対して1万円くらいで行えます。検査キットの値段だけではなく、検査代ももちろん含まれています。病院で血液検査を行っても同じくらいかかるので、自宅で好きな時間に行えるという点では楽に行えるのではないでしょうか。

結果がでるまでの時間はどのくらいか

郵送検診を頼もうとしている人は、忙しく時間が取れない人も多く、結果が出るまでにどのくらい時間がかかるか気になります。もちろん色んな医療メーカーから受けることができるので、一例にはなりますが、平日の16時までにインターネットで申し込みをすると1日から2日で発送され手元に届き、ポストに投函してからセンターに届き、物によってはインターネットから結果を見ることができます。もちろん結果を郵送して書類としても受け取ることができるので安心です。時間としては、大体センターに検体が届いてから3日から5日で結果を知ることができるので、最短で5日から6日で検診結果を見ることができます。注意する時期として年末やお盆などが入ってしまうとセンター自体が動いておらず、なかなか結果がこないとやきもきしてしまうこともあるので、確かめておきましょう。

データ管理人数(ID)数に応じたクラウド利用料です。 健診受診率や保健指導実施率を高めたい! 健康診断の解説と健康コラムは『+Wellness』です。 「健康診断サービス」&「HSS」のご利用で全国拠点を抱える企業様の健康管理業務の効率化を可能にします。 『Re:Body』アプリとウェアラブルで健康管理です。 専任チームによる、女性の為の健康支援サービスです。 手軽にがん検査や血液検査ができる郵送診断!