実践的な会計システムの会社徹底比較

第1位 ZeeM

  • 大きく分けて5つの場面で活躍できるオプションがあります

  • 操作がしやすいのでどんな方にも馴染みやすい会計システムです

  • リアルタイムに反映できるから把握がしやすくなります

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

ZeeMに対するみんなの口コミ

こちらでシステムを導入し、無駄だと思っていた作業をたくさんなくすことができました。サポートも的確でスムーズでした。こちら...
会計に関して改善したいところを、導入により実現できました。また予想もしていなかった部分で作業の効率化になったこともあり、...
ZeeMさんで会計システムも、人事システムも両方導入しました。連携が取れるところもあり、単体で導入するよりセットで利用し...

歴史のあるシステム開発会社です

ZeeMを提供している株式会社クレオでは、業務に関するシステム開発を手掛けています。40年以上のノウハウがあります。ビジネスの効率化をしていくことができます。

第2位 オービック

  • それぞれのシステムにオプションがあります

  • 制度の変更や時代の変化に迅速、柔軟に対応できます

  • 見るのも操作もわかりやすい会計システムです

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

オービックに対するみんなの口コミ

長期間、使い続けることを考慮して会計システムを探していて、こちらに決めました。主に実績や、サポート体制がうちの会社に合っ...
こちらで従来使っていたシステムを大幅に変え、今の会社、時代に添った体制を整えることができました。よって経理を全体的に改善...
オービックさんの会計システムを導入しました。管理会計を強化することができ、改善するべき方向性が見えてきました。会計の業務...

現場主義の情報システムの開発をしています

オービックは経験とノウハウが豊富な技術力の高い企業です。長年、ユーザーの声に耳を傾けてきたからこそ実際の現場で活躍するシステムを開発されています。

第3位 SCSK

  • 企業に適した会計システムが幅広く揃っています

  • 経験やノウハウが詰まっている会計システムです

  • 会計以外も同じ会社のシステムで揃えることができます

効果 価格・保証 対応 規模・実績 口コミ

SCSKに対するみんなの口コミ

企業の規模が大きくなったときに対応できることを重点に置き、会計システムを探していました。導入して数か月で思い描いていた業...
すべての業務をさらに効率化させることが目標です。こちらの導入で、その第一歩を踏み出すことができました。新たな会計システム...
SCSKさんの会計システムを導入してから、伝票に関する作業の効率化を一番に感じています。短期間での導入ができたので、とて...

人と社会を便利にするシステムを提供

SCSKでは便利なシステムを開発、提供し、社会に貢献しています。生活に欠かせなくなったITの成長と共に、一人ひとりに寄り添っていくことを目指しています。

第4位 電通国際情報サービス

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

幅広い業種に向けたサービスの提供

電通国際情報サービスでは、ITによる企業の問題解決に向けて、システムなどさまざまなサービスで日本の企業を支えています。

第5位 スーパーストリーム

効果 価格・保証
対応 規模・実績
口コミ

会計と人事のシステムを提供しています

スーパーストリームではスピード感のあるシステムを開発しています。また製品のサポートやトレーニングなど導入のためのサービスも提供しています。

そもそも会計システムの役割とは

若い女性昨今、殆どの企業には何かしらのシステムが導入されています。例えば、顧客管理システム。アパレルショップや美容室など、企業でなくとも導入されるようなシステムになるため、馴染み深い人も多いのではないでしょうか。ともあれ、このように今やIT化が進みシステムをどうやって上手く活用していくかがキーポイントとなっています。
そんな中、よく耳にする会計システムとなるものがあります。そもそも会計システムは、財務や経理の負担を軽くする役割を担っています。具体的には、導入した企業のお金の流れを把握するためのものになります。月末や期末、年度末など、色々と税金の計算などをしないといけないときに力を発揮してくれる優れものです。意外と知られていないメリットが「決算書を始め各種書類を直ぐに出せるようにする」という機能。こちらも企業として非常にありがたい機能となっているため、会計システムがオススメされるわけです。
さらに…会計システムと一言で言っても、企業によって求めるものは細かく異なってきます。これに対応するためにも会計システムにはオプションとして、様々なカスタマイズがすることも可能となっています。財務の会計システムを使うとき、経理が会計システムを使うとき…など、これだけでも欲する機能が異なるため、オプションを利用するわけです。

給与管理にも影響する

男女会計システムとよく同列に扱われるシステムがあります。それが給与管理システムです。そもそも、会計システムというものは給与管理に対して大きな影響を及ぼすことになります。その前に…ちょっとしたお話を。そもそも会計システムというものは、給与管理は守備範囲外となります。つまり、会計システムで社員の給与のお金の流れを掴むものではないということです。冒頭で記載したように、それを担うのが「給与管理システム」です。
では、何故、大きな影響を及ぼすことになるのか?理由は単純で、給与システムと連携することでお金の管理などが非常に楽になるからです。実は会計システムというアイテムは、業務システムの1つであり、業務システムの中にある、各々のシステムと連携することができます。結果、給与の支払いで…「1月度は○○万円」「2月度は○○万円」と算出されたとき、この情報を会計システムと連携させることができれば、管理が楽になることは容易に想像することができます。経理が会計システムを使って「人件費はいくらか?」と直ぐに理解できるというわけです。
さらに、1つのシステムにするのか?別のシステムにするのか?の判断が必要なってきます。唐突なお話ですが…実は会計システムのオプションとして、給与管理システムのようなものを組み込むことも可能。だからこそ、しっかりと熟考をしたいところです。

退職金の管理も忘れずに

手元「社員は宝」このようなニュアンスの言葉をよく耳にします。社員としては、言葉だけではなく、何かしら目に見えて「宝だ」ということを知りたいところです。現金な話ではありますが、多くのサラリーマンの本音ではないでしょうか。
さて、その「目に見える形」の1つに退職金が挙げられます。企業として社員に対して退職金を用意しておくわけですが、この退職金…企業としては色々と厄介なものとなっています。支払いたくない!ということではなく、色々と複雑な退職金の管理になってしまうからです。とにかく計算が面倒で…例えば、1年ほど休職した場合、退職金に響いてくるわけですが、それがどのようにして影響するのか?と問われると、複雑な計算をしていかないといけない状況に。
こういった背景があるからこそ、退職金の管理を専門に扱うシステムが存在すると言えるでしょう。業務システムの1つで、退職金管理システムというものが存在するわけです。これを利用すれば、面倒な計算も直ぐに行ってくれるため非常に楽に管理することができます。ただ、単純に退職金管理システムを導入するものよいのですが…どうせであれば、財務の会計システムと連携をさせたいところ。連携をすることができれば、さらに色々と管理が楽になることは間違いありません。

マイナンバー対応について

かわいらしい女性現在、様々なところで顔を出す「マイナンバー」という言葉。確定申告をするときに必ず提出をしないといけないなど…何かしら必要になってきているものです。当然、企業に関しても考慮していかなければならない部分となっています。
では、そんな頭を悩ませるマイナンバーの対応の今について少し触れていきたいます。結論から言えば、扱いに困っているというのが正直なところでしょう。一応は、行政の指示通り対応を取っているところですが…今後、どうしていくか?という部分は、なかなか決定しづらい状況といえます。行政自体が、ある意味で右往左往している部分もあるため、末端の企業も静観するほかないわけです。
さらに…企業として困ってしまうのが、財務の会計システムだったり、経理の会計システムです。このマイナンバーの存在もあって、サンコンでは、会計システムを始め様々な業務系システムが対応し始めている状況。つまり企業としても、この会計システムをバージョンアップしていかないといけないというわけです。昨今、会計システムのオプションとして対応できるようになっているため、企業としてオプション対応にするのか?新規でシステムを入れ直すのか?など対応に追われることになります。

▲ ページトップへ